トップイメージ

高校留学してみる

もちろん、日本人で日本の教育を高校まで受けてきた「純ジャパ」ても、英語の能力がある方は上智や早稲田の国際教養学部を狙うことは可能です。ただ、その合格の確率を短期間で飛躍的に伸ばすとしたら、、、、やはり英語力を一気に強化する高校在学中の英語圏への留学、これに優るものはありません。

高校留学のメリット

津田倫男さんという方の本「十代の留学が子供の未来をひらく」(このページの下参照)という本に、十代で留学することの意義が書かれています。私自身も高校在学中に1年間米国に留学した経験を振り返ると、その意味がよくわかります。父親の仕事の関係で海外で暮らし現地の学校に行っていた帰国子女は「純ジャパ」にとっては大変羨ましいことです。自分が選ばずとも、それが英語圏であれば、英語をネイティブのように話すなどの能力を習得することができるのですから。ただ幼少時に海外で暮らす場合、日本語がおろそかになるリスクもあります。

純ジャパの私達にとっては、日本語で一般常識や知識を十分習得・確立した高校生の時点で、別の外国語でそれらを駆使していく力を身につけるべきです。例えば英語でもそれらを操れる能力を持つことは自分の引き出しを増やすことになります。英語という言語を学ぶなかで、その裏にある文化、論理の流れ、つまり英米(アングロサクソン)の考え方を知ることが非常に重要なのです。例えば将来ビジネスのシーンで、彼らと同じ土俵で立ち会う場合、そうした論理的・文化的背景を知り、身についていることが不可欠です。英語を学ぶというのは彼らと同じパラダイムに立つ手段を習得する作業なのです。

「大学にとりあえず入ってから留学すればいいじゃないか」と反論する方もいらっしゃるでしょう。しかし大学では遅いのです。この境界線はかなり微妙ですが、十代の留学は、脳が固まってしまう直前といいましょうか、まさに「人間力」を身につけるという意味において、どうしても逃すことができない最適な時期なのです。まだ考え方に柔軟性が多分に残っています。「日本語力を失うことなし」に、異文化を広く体験し受け入れる肝(Guts)がまだある時期なのです。

この貴重な時期に、日本では大学の受験勉強に励みます。先生からの一方的な知識の詰め込みを受け、断片的知識をがむしゃらにつなげて覚え、丸暗記に明け暮れるような勉強をしているのです。本当は、世界で起きていることと、その背景・理由を知り、物事を深く分析し、感じたことを皆の前で表現・発表し、人と交渉、協議、あるいは説得するといった能力を培うのは、まさに十代のこの時期に始めるべきなのです。日本の教育制度に欠けている「人間力」と私が呼ぶ、社会的に成熟した大人を育てる教育を十分に補うのは十代での海外への留学です。

純ジャパで、それほど家庭に経済的な余裕がないとしても、留学をあきらめてはなりません。手段はあります。もしあなたが公立でなく私立の高等学校に通っていたとしたら、それと同等、あるいはそれに少し上乗せした費用で留学できるでしょう。あるいは高額な学費の私立校に通っている高校生なら、日本での年間の授業料を下回る費用で留学が可能ということも考えられます。
以下に高校で1年交換留学を提供している機関を紹介します。私の友人などは、こうした留学機関(ちなみに下の表ではIFでした)を利用し1年留学した後、もう1年留学しました。(そうした連続の留学が不可能な機関もありますので、要チェック)そして2年以上外国の教育制度で勉強したということで、ICUの帰国生入試の資格ができ、それを利用し受験して見事合格しました。英語が好きなあなたなら、そうした選択肢もあるのです。決してあきらめないで!いずれにしても純ジャパの私達が飛躍的に英語などの能力を高められるのは高校での1年留学です。

高校で1年間の交換留学を提供している機関
留学機関名特徴 (2008年現在)
国際教育文化交流協会(ISECE)米国のみ、費用は98万円、特別奨学生は58万円
アドミッション留学センター米国のみ、1月出発:73万円、9月出発:88万円
アユサ・インターナショナル米国以外にドイツ、ブラジルなど
EF Foundation米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど、99万8000円から119万8000円、奨学生(一部、全額)の選考試験もある。英国があるのが特徴
IF(インターナショナル・フェローシップ)米国・カナダ、9700米ドル、アナウンサーの久保純子さんがこちらの機関を利用して、2年連続で米国へ留学した。
AISE米国のみ、103万5000円
AFS米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アジア、欧州など。88万ー118万円、古くからある有名な機関。
エース留学センター米国のみ、88万円。早期申し込みで特待制度あり。
FES日米留学協会米国のみ、82万円
OSi海外留学情報センター米国のみ、98−108万円
国際教育交換協議会(CIEE)米国(108万円)、オーストラリア(130万円)
国際教育交流協会(PIEE)米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、その他欧州、88万円より
WYS教育交流協会米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、その他欧州、128万円ー219万円
日本国際交流振興会(JFIE)米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、その他欧州、105万ー168万円
JYDA 日本青少年育成協会米国のみ、109万8000円
BIEE 文際交流協会米国、オーストラリア、その他欧州、114万ー135万円
YES国際青年交流委員会米国(99万)、オーストラリア(123万)
YFU日本国際交流財団米国、欧州、アジアなど、118万円

(注)留学先にはほとんど米国が入っていますが、英国への留学を提供しているのは、AFS、EF、PIEE、WYS、JEIE のみです。英国留学で格安なのはAFSとEFと言えます。

参考となる図書をこちらにご紹介します。

サイトMENU

Copyright (C) 英語で受験ドットコム  All Rights Reserved.